超激レアのヴァルヴトロンボーンです。なんと、ホルン奏者が吹けるようにした、フレンチホルンシャンクのヴァルヴトロンボーン(B管)です。既製のモデルを改造したのではなく、マウスパイプからベルのなだらかなテーパーや巻き方も含めて、オリジナルで製作されたものです。私も色々な楽器を見てきましたが、これは初めて目にして仰天しました。

製作したのは、ドイツのラインラント=プファルツ州(ラインヘッセンという白ワインで世界的に有名な地域)にある、ラウターエッケンの工房、ルードヴィッヒ・ザンダーです。19世紀から管楽器を製造してきたザンダーの流れを汲んだ工房で、先代のルドルフ・ザンダーによるサブコントラバス・テューバ(通常のC管より1オクターヴ低い)は、リヒテンベルク城の音楽博物館でも展示されています。独創性の強い楽器を手がけてきた工房なのかも知れません。確かにこのトロンボーンも博物館級の逸品だと思います。

 

トロンボーンを吹いてみたかったホルン奏者の方、珍しい楽器のコレクターの方、いかがでしょうか。

 

税込価格 272,800円

ホルン奏者向けヴァルヴトロンボーン LUDWIG SANDER - VT32002

SKU: VT32002
¥248,000価格
  • 不明 時価

※ お問合せ、お申込み前に、楽器の状態をご確認下さい。

※ スマートフォンでは画像が鮮明に見えにくいため、PCでご確認下さい。