1910年頃のC.G.コーン社製アルトホルンです。当時のアメリカでは、アルト(Es)、テナー(B)、バリトン(B)、バス(B)という楽器が使われていました。テナー、バリトン、バスはB管の同じ音域ですが、このうちのテナーはかなり細身で、まるでEs管のアルトをそのまま長くしたような楽器でした。

 

今回販売するアルトは、そうした楽器の性質を活かしたのか、テューニング管が長いものに交換されており、C管のテナーとして演奏出来るように改造されたものかと思います。ヴァルヴ側の抜差管を抜く必要はありますが、アメリカ人の合理的な発想が活かされていることを知る、ある意味では歴史的に貴重な楽器かと思います。音を出すことは出来ますので、頑張れば演奏も出来るのではないかと思います。

C.G.CONN アルト(1910年頃製造 ) - AL34001

SKU: AL34001
¥69,800価格
  • ハードケース(古いものです。保管用とお考え下さい)

    ※画像のマウスピースは撮影用です。付属しません

※ お問合せ、お申込み前に、楽器の状態をご確認下さい。

※ スマートフォンでは画像が鮮明に見えにくいため、PCでご確認下さい。